膀胱炎も副作用だった

夕方担当医が病室に来て、膀胱炎について見解を言ってくれた。
今日から化学治療の第2クールが始まる予定だったが、血液検査の結果、炎症の為に出る数値が大きい為、治療が延期になった。
担当医の見解は、抗癌剤が効いてきたので、身体の抵抗力が弱くなり、尿道に入れたカテーテル付近で雑菌が繁殖して膀胱炎になったのではないか、との事。
泌尿器科の医師と相談してから、今後の治療方針を決めるから、抗癌剤はしばらく延期する、と言われた。

確かに抗癌剤が良く効き、副作用は出ている。
脱毛が止まらない。ずいぶん抜けて、半分以下になってしまったような気がする。
でも、1点集中で抜けるのでは無く全体的に抜けてくるから、多かった髪が少なめの髪になったって言う感じかな。
あと何日で、無くなってしまのだろうか。ちょっと不安。

今の病院に転院してから、体調の良い時に散歩がてら街に出かけ、癌関係の本を沢山買ってきて今勉強中だが、抗癌剤の投与を止めれば又毛は生えてくるらしい。
治療が終わるまでゆっくり待てば、髪の毛は復活するのかな。

ただ、癌は手術による癌細胞の除去によって根治され、Ⅳ期の転移した癌については、抗癌剤で、癌が小さくなった時に手術しても、転移がある為、根治は余り期待できないとも書いてあった。
抗癌剤投与によって、癌と気の長いお付き合いをしたほうが、QOL(クウォリティーオブライフ、生活の質)が高く保てるのではないかとも書いてあった。
まだ勉強中で、自分の病気に対する認識・知識が足りない為、医師に言われるがままの治療を受けているが、自分で治療を選ぶ事を今後考えないと。
[PR]
by t_ixx | 2005-11-02 20:35 | 診断・治療
<< 毛糸の帽子がはやってる 今日もいい天気! >>