毛糸の帽子がはやってる

昨日、子供が生まれた。
a0041001_8502762.jpg
がん患者で入院中だが、妻の出産は入院している病院ではなく少し離れた産婦人科専門病院。
抗癌剤治療が延期になった為、今日も妻と息子に会いに行ってきた。

地下鉄で乗換えをして1区行った駅が産婦人科病院の最寄り駅だが、ちょっと歩けば乗換駅からでも行くことが出来る。
昨日、乗換えで結構待たされた為と散歩による体力維持・回復の為に今日は乗換駅から歩いてみた。商店街を抜け、病院に行くのだが、商店街も結構にぎわっていた。
髪の毛が抜け始め、毛糸の帽子を常にかぶっていないといけなくなるのは、いつからかなんて病院では考えていたが、商店街で、毛糸の帽子をかぶっている人の多いこと。
ビックリするほどいた。10分ぐらい歩いて商店街を抜ける間に10人以上の毛糸の防止着用者にあった。

入院している病院では、毎日毛糸の帽子をかぶった人を見かけるが、ここは癌専門病院ではないにしても癌患者の多い(70~80%と担当医から聞いている。)病院の為、抗癌剤で、髪が抜けた人がいるんだと思っていた。
商店街では、若い兄ちゃん、お姉ちゃんが毛糸の帽子をかぶっているし、洋品店をちょっと覗いて見ると毛糸の帽子が売ってる。
冬も近いし、流行ってるって分かった。
今度。散歩の時に毛糸の帽子を買ってこよう。抜けて無くなるまでにはまだ間に合うはずだと思う。
[PR]
by t_ixx | 2005-11-02 20:50 | 散歩
<< 麻酔の使い方 膀胱炎も副作用だった >>