腸閉塞による緊急入院

3日前の夕方から調子が悪く、様子を見ていて一昨日大量に吐いてしまった。
腹痛がひどく、緊急外来で病院へ。
丁度主治医の外来診療の日だったので、診察を受けたところ、吐いたと聞いただけで入院決定。
胃腸のレントゲンを撮りいつもの病棟に入院。
担当医がしばらくして来て、レントゲン結果の所見を説明して処置をしてくれた。
所見は腸閉塞、昨年夏に前の病院で開腹手術による検査をした影響でなったと言う。
開腹したらなり易いのだとも言っていた。

処置は点滴と鼻から胃への管挿入。
痛いし違和感があって、嫌だったが何とか入った。
胃の内容物を全て出して1週間ほど飲食無しで胃腸の回復を待つそうだ。

緊急入院後2日目の朝、順調に回復しているようで、お腹の痛みもすっかりなくなった。
今日、胃腸のレントゲン検査があり、腸閉塞が回復していれば流動食から開始。
2日間何も食べず、飲んでもいませんが、点滴でまったくお腹もすかず、のども渇かない。
早く直したい。
[PR]
by t_ixx | 2006-03-30 07:41 | 診断・治療
<< 腸閉塞の経過良好 スキンヘッドとプランターの手入れ >>