第8クール入院

昨日から第8クールの治療・入院に入った。
今回から治療方法が変更となり、2週間置きの入院になるようだ。
具体的には、
1週目「5-FU」(入院・5日間連続投与)+2・3・4週目「タキソール」点滴(通院・約3時間)
の治療が
「タキソール」(約3時間)+「5-FU」(48時間)
になり、「5-FU」の溶解剤も普通のぶとう糖溶液にか変わった。
前の「5-FU」点滴時には、血管の痛みが激しく、いまだに2~3箇所黒ずんでいるが、今度のはどうだろうか。しゃびしゃびの点滴でサーっと流れて血管が痛まなければ良いんだけどね。
入院期間も前は「5-FU」と1回目の「タキソール」を一緒にしていたから9日間になったが、今回からは水曜入院で金曜夕方治療終了、土曜には退院となりそうだから、4日間になる。
でも、月2回だから、日数的にはそう変わらない。
通院が無くなるだけ少なくなるか。
通院の時の化学療法室が7月からリニューアルして良くなるって聞いて、楽しみにしていたが、無くなりそう。
[PR]
by t_ixx | 2006-05-11 08:29 | 診断・治療
<< きつい副作用 ゲルソン療法 >>