息子と添い寝

a0041001_21523121.jpg今日は土曜日、病院の外来が無いので駐車場は空いている。
と言うことで、奥さんが午前中に見舞いに来てくれた。

今日は朝36.9度と久々に37度以上の高熱が平熱近くまで下がり、睾丸も皮がピンと張ったピチピチ状態から、少しだけしわが入った状態、少し縮んだ様だ。
でも、痛みは相変わらず、動けば痛いから、寝たきりで居た。

息子は、ミルクから大分時間が経った様でお中が空き気味で不機嫌。
いつもはミルクを飲ませて直来るので、上機嫌なのに今日はぐずっている。
奥さんもお中が空き気味で、ミルクの準備と売店への昼食の買出しでぐずる息子を置いて行ってしまった。
最初は静かにぐずっていたが、その内声も大きくなって来たので、痛みを我慢して散歩に行った。
と言っても、ナースステーション迄で、看護婦さん達に構ってもらって、ぐずりは納まっていた。

奥さんが帰って来て、ミルクを飲むと機嫌は回復したので、私の寝ている横に座らせて、構っていた。
その内にまたぐずって来て、上向きにのけぞって来たので、ベットから落ちない様に押さえてあやしていたら、ゆっくりと寝息に変わって来た。
丁度お昼寝の時間で、病院のベットで息子と添い寝となってしまった。
まあ、可愛いから許すとして、奥さんもゆっくり食事が出来たようだ。

今日は、土曜日にもかかわらず、糞まじめな担当医が回診に来た。
有難い事だが、休みはちゃんと取ってもらわないと不眠不休のぼけた頭での治療行為は受けたく無いかな。
医師は、回復傾向の容態を確認し、月曜に予定しているリザーバーポートの設置手術をこのまま回復したら予定通り行う事と、火曜からの化学療法は白血球値上昇(15,000以上)の為、延期すると言って行った。

化学療法は延期になっても、尿道のカテーテル入れ替えは今回の入院中だろうし、経過観察が1~2日は入るだろうから、結局入院日数は短くはならないかもしれない。
まあ、まだ入院保険の請求は入院日数MAX迄は行って無いので我が家は少し潤うが、やはり入院は短い方が良い。
早く家に帰りたいな。

夕方になり、睾丸の痛みが少し和らいだ様な気がする。
今日も早く寝て、イングランド戦、ブラジル戦を見ないと。
[PR]
by t_ixx | 2006-07-01 21:52 | 散歩
<< リザーバーポートの設置手術 緊急入院3日目、体温下降、痛み上昇 >>