刺絡・温灸・よもぎ蒸し

昨日は一昨日は、家族そろって大阪まで行き、お昼にがん仲間のちぃさんのレストランで無塩のオーガニック野菜のランチを食べ、3時間位がん仲間4人プラスうちの奥さん乳飲子の息子と盛り上がって楽しく過ごした。

その後、新大阪で中医相談。
6月に始めて受けて今回は2回目。
容態がちょっと悪くなってるので、処方薬は処方が変わり、食欲不振、水分補給等の処方も加えてもらう事になった。

夜は家族3人で大阪泊。
お城を見ながらホテルライフと洒落込んでみた。
とは言っても、市内や近郊で、和室の飯抜きの旅館は判んなかったし、乳飲子を連れてツインルームはやばい。
川の時でプロテクト出来るダブルベットのでっかいホテルを探したら、ここ位しか無い様だった。
飯付なら旅館も有るが、食えないし。

2日目は、民間療法の刺絡療法と枇杷の葉温灸。
刺絡は白血球値上昇と免疫向上願って、そんなに気持ち的には変わらない。
刺絡だけやった時にはちょっとだるくなった程度。
痛いのはいつまでも変わらないようで、慣れるしかないが、指や腕の針の刺し後から血が出ているのを見ると、いつまでも痛いような気がする。
神戸の方のクリニックでは全身針を刺して免疫を高めるようだが、こっちは上半身のみ。
全身やってしばらく動けずに寝ている人も居るって聞くと・・・

枇杷の葉温灸は、気持ちが良い。
昔からの「お手当て」で、鎮痛効果、気分の高揚等効果絶大。
でも、がん細胞にどんな効果があるかは不明。
気持ちが良いのだから、気分も良いし、それが病巣に聞いてくれれば良いかも。
火を付けるお灸はマンション住まいの乳飲み子を抱える身としてはちょっと難しいが、電気式の赤外線温灸機なら何とか使えそうなので買うことにして、鍼灸院に発注をお願いしてきた。
ネット通販の2割引き位で売ってくれそう。

ちぃさん家で、一昨日よもぎを炊いて煙を体に吹き付ける民間療法の話しをしていたが、昨日はそれをやってもらった。
いつもは動きの悪いお腹がグルグル動きまくり!
刺絡+温灸+燻しだから、よもぎ燻しがそこまで効いたのか、相乗効果かは判らないが、よもぎ燻しも効く。
一昨日は眉唾でちょっとと引いていたが、奥さんやちぃさんの進めもありやってみたが、効いたようだ。
奥さんは、温灸機に追加して、よもぎ燻し機も買ってやれって言うが、火を使うからな・・・
韓国式の座るやつとも違って、スパスパと吹子でつぼの中で燻しているよもぎの煙を体に吹きかけるのだが、部屋中煙が充満して臭くなりそう。
しばらく考えよう。
[PR]
by t_ixx | 2006-10-11 11:24 | 診断・治療
<< 好転反応? 市民祭り >>