カテゴリ:診断・治療( 39 )

ゲルソン療法

GWに入った頃から、食事を変更した。
本をいろいろ読んでいると、玄米菜食が良いとか書いてあったが、医師の理論付けとは出来ていなかった。
今回、医師の勧める療法で、ゲルソン療法の本を何冊か読んで、やってみようと言う気になった。
といっても、入院しなければ厳密なゲルソン療法は出来ないので、日本式と言うか、日本人医師が自分の治療で考えた星野式ゲルソン療法食事法になる。

厳密なゲルソン療法は、食事療法(塩・動物性蛋白・油脂その他抜き)、野菜ジュース摂取、コーヒー浣腸、ヨード等のミネラル摂取・注射等あり、厳密に行われなければならない。
星野式は、食事療法(塩・動物性蛋白・油脂抜き)、野菜ジュース、プラスミネラル・ビタミン剤の服用で、コーヒー浣腸他の代用にしている。
ジュース摂取も本来は220ccづつ1時間置きに1日13回飲むが、星野式は400ccづつ1日3~5回で、1.5L~2L飲む。
進行がんの場合、3L飲む事になる様で、自分の場合は、400ccがなかなか飲めないので、200cc~400ccを1時間ないし2時間おきに1日3L分、10回位飲むようにすることにした。

今までも、玄米菜食で、動物性蛋白・油脂抜きはやってきたが、塩抜きが結構きつい。
今までは、マクロビオテックの玄米菜食で、動物性蛋白・油脂・砂糖・酢等を抜いてきたが、砂糖や酢等は使わないと料理にならない。
黒砂糖・甜菜糖を使い、酢も黒酢・バルサミコ等使うようにして料理を作ってもう事にした。

医師の裏付けが明確に有り、実績も結構ありそうだが、日本では、統計データは出ていない民間療法には違いない。
やるからには、何年か続けないと。
[PR]
by t_ixx | 2006-05-06 07:19 | 診断・治療

副作用がきつくなって来ているのかな?

腸閉塞も何とか治まり、水曜日から第7クールの化学療法に入った。
いつもの「5-FU」の日間連続点滴。
だんだんと体の抵抗力とか落ちてきているような気がする。
2~3クールの頃は、点滴の針先が血管を破り、針の差替えはあったが、血管そのものが痛んでの差替えは無かった。
4~6クールでは血管が痛んでの差替えを3日目位にしないと腕が腫れ上がり、血管が黒ずんできた。
今回は今日2日目で早くも針の差替え!
腕が腫れ上がって来ている。
手足のしびれも、4クール頃までは殆んど感じなかったが、5~6クールで手先の軽い痺れが出るようになり、今は手足共結構痺れる様になって来た。

CTとかレントゲンでは癌の拡大進行は無い様だから、抗癌剤が効いているのだろうが、体がぼろぼろになっては元も子もない。
そろそろ治療方針に異を唱え、今後の話し合い等をしなければならないのかも知れない。
しかし、ここでは、手術・放射線・化学療法位しかスキルス胃癌の治療はしてないようだから、他の医療機関に掛け持ちで見てもらうとか、代替医療も真剣に考えないと。
[PR]
by t_ixx | 2006-04-07 10:19 | 診断・治療

腸閉塞の経過良好

土日は担当ドクターも日直でもない限り休みなので、回診も無いと思っていたが、私の担当ドクターは土日とも回診に来た。
病院の隣の官舎住まいとはいえ、休みは休みで休んでもらわないと、と思うのだが。

金曜日に水分補給に続き、土曜日には5分粥が許可になり食事が取れる様になった。
5分粥って、重湯の中にご飯粒が浮いている程度だから、お腹に貯まらない。
結構お腹が空いて、豆乳・カロリーメイトを数本飲んでいた。

日曜日も回診があり、全粥に昇格。
全粥だとおかずはまともなおかずになり、おかゆも普通のご飯と同じくらいの量。
やっとお腹に溜まる食事になった。
昼食は、完食、久しぶりのまともな食事に胃がきりきり言っていた。
点滴も、食事を5割以上したら外す様に看護師に指示が出ていたようで、即外れた。
点滴の無い開放感、久しぶり。
点滴が外れたので、即効でシャワーの予約をしてシャワーを浴びた。
タオルで拭くだけではやっぱりすっきりしないし、シャワーの方がザーッと浴びることが出来て面倒臭くない。

夕食は、昼食がお腹に溜まりもたれていて、殆んど食べられなかった。
点滴で結構栄養補給され気分的にも身体的にも良かったのか、午後から倦怠感・脱力感が久しぶりに襲って来た。
まあ、以前の体調に戻ったと思えば。

今朝の回診で、今後の予定を聞いてみると、2~3日の経過観察で良好なら、次のク-ルの治療に入るとの事。
1週間入院したが、3日+10日で後13~15日間の入院生活が続く見込みになった。

桜の花見を楽しみにしてたけど、足を伸ばしては行けなくなってしまった。
3日間は経過観察で、治療も検査も無いだろうから、外出許可をもらって、病院の隣の公園に花見に行って来よう。
[PR]
by t_ixx | 2006-04-03 21:08 | 診断・治療

腸閉塞による緊急入院

3日前の夕方から調子が悪く、様子を見ていて一昨日大量に吐いてしまった。
腹痛がひどく、緊急外来で病院へ。
丁度主治医の外来診療の日だったので、診察を受けたところ、吐いたと聞いただけで入院決定。
胃腸のレントゲンを撮りいつもの病棟に入院。
担当医がしばらくして来て、レントゲン結果の所見を説明して処置をしてくれた。
所見は腸閉塞、昨年夏に前の病院で開腹手術による検査をした影響でなったと言う。
開腹したらなり易いのだとも言っていた。

処置は点滴と鼻から胃への管挿入。
痛いし違和感があって、嫌だったが何とか入った。
胃の内容物を全て出して1週間ほど飲食無しで胃腸の回復を待つそうだ。

緊急入院後2日目の朝、順調に回復しているようで、お腹の痛みもすっかりなくなった。
今日、胃腸のレントゲン検査があり、腸閉塞が回復していれば流動食から開始。
2日間何も食べず、飲んでもいませんが、点滴でまったくお腹もすかず、のども渇かない。
早く直したい。
[PR]
by t_ixx | 2006-03-30 07:41 | 診断・治療

第6クール入院治療終了

昨日は治療と治療の間で、検査等も入っていない中間日。
外出許可を取って家にリフレッシュ&入浴のため一時帰宅した。
歩いて帰ろうかと思ったが、寒いし体力も思いっきり落ちまくっている為断念。
バスに乗って帰った。
家では4ヶ月になる息子のご機嫌取りと入浴で1日終わった。
病院では、3ヶ月毎に診断書を書いてもらい会社の提出しているが、4~6月分をもらった。
4月には何とか復帰と思っていたが、退院時の11月より回復していたのは12月のみで、1月からは下降線の様な気がする。
現状維持になっているので、化学療法の効果は上がっているとは思うが、腫瘍が小さくなっているか、転移したリンパ腺の状態はどうなのかCTや胃の造影検査では詳しく分からないようだ。
退院計画書の中に27日CT検査が入っていたが、今度は分かるのだろうか。
[PR]
by t_ixx | 2006-03-15 17:47 | 診断・治療

小出しに出てくる副作用

a0041001_21244829.jpg
先週辺りから、顔にも発疹が出てきた。
化学療法の副作用で、足に出ている発疹と同じだと思う。

髪が無いから毛糸も帽子をかぶって、細菌が怖いから立体マスクして、そこまでなら今時の人で違和感は無い。
でも、マスクの下にボロボロと発疹が見えて、よく見ると眉毛もほとんど無い。
(眉毛、髭(ひげ)も髪(かみ)と同じように無くなって来た。)
完全に危ない人になってしまいました。
冷静に見ていると自分で可笑しくなって来る。
こんなに人相が変わるのかってね。

あと、両手の指先にほんの少し痺れ感が出てきた。
全く行動に支障は無いが、これも先週辺りから続いている。
どんどん身体が侵されて行くような。

でも、食欲だけは回復傾向にある。
家の方でも結構食べられるようになってきたと思っていたが、第5クールの入院で病院食を完食できる様になった。
昨日、今日と3食とも完食出来た。
胃の機能が回復してきたのか、胃の上部が成長してたくさん食物を受け付けるようになったのか。

12月のCT、1月の胃カメラ、バリウムの造影検査の結果は、「よく分からない」だったから、進行してるのか、現状維持なのか、小さくなっているのか。
分からないぐらいだから、そんなに変わっていない現状維持だと思っているしかないかな。
でも、スキルス胃癌で、私の症状は、胃の内壁にも外壁にも癌組織が顔を出さず、胃壁の中を拡大しているから腫瘍と言っても塊りではないので、分かり難いようだ。

何センチが何センチになってましたって聞きたいけど、カメラの写真見せられてこの辺と言うだけで、一部か全部かも分からない。
勝手に胃の下部2/3が癌だと思っていて、そこから腹膜、大腸、腎臓方面のリンパ節に転移があると思っている。

胃から大腸、腎臓ってことは、脾臓、膵臓もかもって考えても仕方が無いね。
開腹手術の時の生体検査では、そこまでやらなかったみたいだし。
もし、化学治療の効果があり、癌が縮小して手術できるようになったら直ぐ切ってもらおうと最初は考えていた。

今は、切る時は、がん細胞がある可能性のある組織は全て除去する拡大手術か、昭和天皇の手術のように機能障害を取り除くだけの手術になると思う。
と言うことは、お腹が空っぽになるから手術できないか、機能障害は無いから手術しないと言う事になるのかなって勝手に思っている。

手術しないと言うことは、一生抗癌剤漬けか、他の代替療法で、癌を押さえつけて延命するか。
想像してても始まらないね。

風邪が治りかけて、病院でボーっとしてると変な事を考えてしまう。
[PR]
by t_ixx | 2006-02-10 21:39 | 診断・治療

入院終了、本日退院

先週、水曜からの5-FU(抗癌剤)の投与も月曜に終わった。
今回の5-FUの投与中、副作用が出た。
今まで過去2回の投与には出なかったが、点滴の針の先の血管が約20cm焼けたように黒くなり腫れあがった。
5-FUの副作用の典型のようで、点滴する腕を変えてもらった。
今まで過去2回の5-FU投与中は液漏れしたり、他の不具合で3日針を刺していたことは無かったが、今回は4日目で出たので、時間が長くなると出やすい副作用かもしれない。
火曜日1日空けて水曜日にタキソール(抗癌剤)を投与し今回の入院治療計画は終了。
事後の経過を1日見て本日退院予定となった。
タキソールを投与する時には、錠剤と点滴で事前に副作用の抑制剤を入れる。
副作用の強く出る人はそれでも苦しいらしいが、僕の場合は、かえって快適になる。
抗癌剤投与の直後から、1日経ったぐらいが1番快適かな。

入院中に、脱毛と足の湿疹なんかの副作用も出たが、湿疹は劣悪(そんなに酷いわけでもない))院内環境のせいかもしれない。
自宅では、乳児の為に24時間エアコン暖房プラス加湿器による湿度調整、空気浄化をしているが、院内は暖房だけ。
掃除のおじさんは毎日来るが、埃を撒き散らして行くだけで、掃除中も換気すらしない。
時計に温室時計が付いているが、湿度はいつも30%以下の為、皮膚の乾燥、咽喉の乾燥等、環境は悪い。
文明病かな。
[PR]
by t_ixx | 2005-12-15 07:55 | 診断・治療

抜け毛第2弾

また抜け毛が激しくなってきた。
抗癌剤の副作用で、投与後2~3週間で抜け毛が出ると副作用の一覧表に書いてあったが、第2クールの該当抗癌剤投与から丁度3週間、前回の抜け毛も第1クールの該当抗癌剤投与から3週間だった。
ぴったりあたる物だと感心してしまう。

今回は、ショックというよりも抜け毛の片付けが面倒で、早々に毛糸の帽子をかぶることにした。
前回の抜け毛のときに何枚か買った内の1つに室内でかぶっていられる薄い短い帽子があったので、かぶっている。
枕に付いた毛をガムテープで掃除しなくても良いだけでも快適になった。

前回1/3になったが、今回はいよいよスキンヘッドまで行くのかなあ?
抜け毛で余りみっともないんだったら、床屋に行って刈り込んでこよう。
[PR]
by t_ixx | 2005-12-09 19:49 | 診断・治療

化学治療の為の定期入院

第3クールが始まった。
化学治療の為の短期入院。
今回は予定の行動で、水曜から来週の水曜までの8日間。
最初の6日間は「5-FU」という抗癌剤を1日24時間で1000mg点滴によっていれ、5日で完了。
昼頃に始めたから足掛け6日間になる。
その後、1日空けて「タキソール」と言う抗癌剤を3時間ぐらいの点滴で入れて今回の入院治療計画は完了で、退院する予定。

1度退院をしてまた再度入院するのは余り気分の良いものではないが、治療計画に基づく入院と納得して治療に専念しないと。

退院して自宅に居る時には、調子が良ければ散歩とか外出をしたりとか考えて退院をしたが、余り調子の良い日は沢山無く、1日寝ていたり、ボーっとする日も半分以上あった。
退院して、体調が戻って、会社復帰なんて考えてもいたが、なかなかうまくいかない。
入院中には、年内に何とか体調を戻し、年明けから社会復帰とか考えていたが、体調が良くならない。
歯がゆいというか、今までに何ヶ月も体調不良なんて経験が無いから、すぐ直るって思い込んでしまう。

今回の短期入院でもう一度考えてみよう。
家にいた方が気分は良いが、病院にいた方が体調は良いような気もする。
看護師のケアもあり、家よりも行き届いているといえば間違いない。
でも、気を使わないのは家の方かな。
[PR]
by t_ixx | 2005-12-07 15:21 | 診断・治療

治療費の請求書

木曜日に退院が決まり、その後月1回の1週間の入院化学治療とその後の週1回が3回の通院での化学治療による治療計画なった。

先週11月分の病院代を払ったが、53万円ぐらいだった。
保険に入っていて、入院1日当りで保険が出るので、保険金なんかで差額をもうけても仕方が無いし、気を使う相部屋もいやだから差額ベットの部屋に入っているが、それが1日1万円、月に30万円プラス消費税で、残りが食事負担金と治療費になる。
入院して化学治療を受けていると、検査が頻繁には無くなるので、メインは薬代になるが、化学治療に使用する抗癌剤が結構高いような感じがする。

先月は、それでも血液検査以外に処置等多少あったが、今月は血液検査以外は化学治療のみ。
9月は検査も結構多かったのに、10月の方が病院代が高い。
11月分は、今日概算金額が来た。
24日の退院時に精算しなければならない為、事前に教えてくれるようだが、48万円ぐらいのようだ。
部屋代が少なくなる分くらいしか安くなっていない。
今後は、退院、通院でその都度精算だから治療費をある程度見積もらないとと思いじっくり見てみた。
11月こそ、血液検査以外の検査は無いし、処置等もまったく無いのに、やはり薬代が高いんだろう。
ざっと70~80万円の3割負担で20万円ちょっとだから、癌治療は薬代にお金がかかっているようだ。
自分の場合、全てまだ保険適用だからいずれは高額医療費で保険適用分は返ってくると思うが、保険外治療で抗癌剤を打ったらとんでもないことになりそうだ。

転院する前の病院では、癌言う診断までで、価格治療は一切行わなかったが、胃カメラや大腸ファイバー、CT、レントゲン等で、散々検査をしたが、月40万円は超えなかった。差額ベット代は多少安かったが、それでも先月、今月の方が差額ベット代を除いた治療にかかる費用は高いようだ。

この病院の支払いはクレジットカード払いが出来るので、払っておいてから資金手当てをすればよいが、カードで払わなければ、貯金を降ろして来るか借金しないと病院代も払えなくなってしまう。
自分で支払えるだけ元気だから自分の場合は良いが、家族におんぶに抱っこの患者だったら家族が借金を背負い込んで悩んでしまいかねないのではないか。
癌治療ってお金がかかって怖いなあ。
[PR]
by t_ixx | 2005-11-22 19:43 | 診断・治療