<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

副作用がきつくなって来ているのかな?

腸閉塞も何とか治まり、水曜日から第7クールの化学療法に入った。
いつもの「5-FU」の日間連続点滴。
だんだんと体の抵抗力とか落ちてきているような気がする。
2~3クールの頃は、点滴の針先が血管を破り、針の差替えはあったが、血管そのものが痛んでの差替えは無かった。
4~6クールでは血管が痛んでの差替えを3日目位にしないと腕が腫れ上がり、血管が黒ずんできた。
今回は今日2日目で早くも針の差替え!
腕が腫れ上がって来ている。
手足のしびれも、4クール頃までは殆んど感じなかったが、5~6クールで手先の軽い痺れが出るようになり、今は手足共結構痺れる様になって来た。

CTとかレントゲンでは癌の拡大進行は無い様だから、抗癌剤が効いているのだろうが、体がぼろぼろになっては元も子もない。
そろそろ治療方針に異を唱え、今後の話し合い等をしなければならないのかも知れない。
しかし、ここでは、手術・放射線・化学療法位しかスキルス胃癌の治療はしてないようだから、他の医療機関に掛け持ちで見てもらうとか、代替医療も真剣に考えないと。
[PR]
by t_ixx | 2006-04-07 10:19 | 診断・治療

腸閉塞の経過良好

土日は担当ドクターも日直でもない限り休みなので、回診も無いと思っていたが、私の担当ドクターは土日とも回診に来た。
病院の隣の官舎住まいとはいえ、休みは休みで休んでもらわないと、と思うのだが。

金曜日に水分補給に続き、土曜日には5分粥が許可になり食事が取れる様になった。
5分粥って、重湯の中にご飯粒が浮いている程度だから、お腹に貯まらない。
結構お腹が空いて、豆乳・カロリーメイトを数本飲んでいた。

日曜日も回診があり、全粥に昇格。
全粥だとおかずはまともなおかずになり、おかゆも普通のご飯と同じくらいの量。
やっとお腹に溜まる食事になった。
昼食は、完食、久しぶりのまともな食事に胃がきりきり言っていた。
点滴も、食事を5割以上したら外す様に看護師に指示が出ていたようで、即外れた。
点滴の無い開放感、久しぶり。
点滴が外れたので、即効でシャワーの予約をしてシャワーを浴びた。
タオルで拭くだけではやっぱりすっきりしないし、シャワーの方がザーッと浴びることが出来て面倒臭くない。

夕食は、昼食がお腹に溜まりもたれていて、殆んど食べられなかった。
点滴で結構栄養補給され気分的にも身体的にも良かったのか、午後から倦怠感・脱力感が久しぶりに襲って来た。
まあ、以前の体調に戻ったと思えば。

今朝の回診で、今後の予定を聞いてみると、2~3日の経過観察で良好なら、次のク-ルの治療に入るとの事。
1週間入院したが、3日+10日で後13~15日間の入院生活が続く見込みになった。

桜の花見を楽しみにしてたけど、足を伸ばしては行けなくなってしまった。
3日間は経過観察で、治療も検査も無いだろうから、外出許可をもらって、病院の隣の公園に花見に行って来よう。
[PR]
by t_ixx | 2006-04-03 21:08 | 診断・治療