室内帽子

「化学療法などのために脱毛された方にお作りする、さち子さんの帽子」
http://www.hpmix.com/home/tatsukom/index.htm
を購入してみた。
つば無しの帽子で手作りしているよう。
結構かぶりやすく、良い物だった。

ホームページにサンプルの写真があるが、実感が湧かない。
サンプルを何点か郵送して頂き、その中から選ぶ事が出来ると言った事も実施しているようで、それでお願いした。

6点程送ってもらえたので、その中から3点ほど購入して、残りを返した。
夏用の帽子をどうしようかと思っていたが、バンダナとこの室内帽子とつば付きの外出用帽子で何とかなりそう。

でも、最近テレビを見ていると今でもニット帽子をかぶっている。
毛糸じゃなく、アクリルか何かで涼しいのがあるのかな?
今度、町に出て探してみよう。
[PR]
# by t_ixx | 2006-06-18 09:21 | 散歩

中医相談

e-クリニックの新大阪の事務所で中医師との個人面談で、家族ぐるみで受けてきた。
個人面談とは言っても、e-クリニックのスタッフと通訳が入る為、6人でワイワイとミーティングの雰囲気。
でも、中医師の先生が主役で、両手の脈を取ってその後問診で、中医薬の処方を考えてくれる。
スタッフの話で、脈は鼓動だけでは無く、パターンや強弱等を経験的に見て身体の状態を判断しているのだそうだ。
今の状態に関するコメントもあったが、当たってる。
経験豊かな医師で、今の病院の担当医や主治医よりも信頼出来るのかも知れない。
でも、ベースは健康保険の効く病院の西洋医学で、主治医には全て話して了解を得て中医薬を飲むようにしたい。

面談は、診察だと医療行為になってしまうので違法だが、相談だから適法かな?
処方のアドバイスだけで実際には個人輸入しなければならないが、斡旋してくれる国内代理店もあり、セットになっている。
まあ、悪く言えばそこまで段取りしてある詐欺行為とも取れなくは無いが、相談料+個人輸入楽品代(1か月分)+代理店輸入斡旋手数料は高価な健康食品やサプリメント代より安いのではないか。
次月より効果が期待出来れば追加注文になるが、相談料等が無くなるので、2/3程度になるそうだ。
まあ、効果が少しでもあれば、続けてみたい。
また、次月からは、問診表をメールで送り、処方を替えてくれる様で、中医は、基本的に其の都度のオーダーメードになる様だ。

これで、現状の治療は病院の化学療法+星野式ゲルソン食事療法(塩抜食+人参ジュース)+爪揉み療法+入浴温熱療法+e-クリニックベースサプリメント(ビタミンC等多数)+散歩!?になった。
心の改革の読書(がん治療の本や死生観の本、宗教関係の本)も大きな治療だと思うけど、入れておこう。
[PR]
# by t_ixx | 2006-06-13 23:17 | 診断・治療

e-クリニック、中医セミナーin新大阪

新大阪迄、e-クリニックの中医セミナーと患者会参加の為に新大阪迄行ってきた。
上海からe-クリニックの顧問医師の「サイ」中医師が医師交流の為に来日したので、セミナーが開催された。
講義内容は、中医全般についてだったが、スライドが中国語で、また通訳がとんでもなく下手で、意味がサッパリ分からない。
「サイ」中医師の講義の前後にe-クリニックの日本人医師の解説説明があったので、どんな内容について話されたのかは分かったが、ニュアンスは全く不明。
酷いものだ。

中医は、ホリスティック医学と似ていて、病気を身体全体で見て、各パーツでは見ない。
手術等の西洋医学も順次取り入れて日々発展している。
中医薬は、基本的にはオーダーメイド処方で、診察してから処方する。
漢方は、西洋医学と対比する為に付けられた日本の西洋医学導入前を指し、現代中医とは違う。
但し、同じ薬もある。
正露丸等の漢方薬は日本固有の薬で中医とは違う。
その他etc・・・

大体こんな感じだって解説してた。
明日から、個別の中医相談も有り、予約は入れてなかったが、火曜日は空いていたので、予約を入れてきた。
又火曜日は新大阪だ。
個別なら、聞き返せる為、下手な通訳でも役に立つだろうし、オーダーメードの処方もしてくれるなら、化学療法の副作用緩和、免疫力向上の中医薬をオーダーメードで処方してもらおう。
でも、本来は、処方後2~3日様子を見て、微調整をして正式処方らしい。
また、1ヶ月に1回は診察を受け処方を変更して行くらしい。
外国人でも3ヶ月毎位に診察しなければならないらしいが、上海までは行ってられないので、最初で最後になるのか、オーダーメードではなく、一般中医薬の処方になるのかもしれない。
でも、漢方薬とは違う為、多少は癌に効いて欲しい。
[PR]
# by t_ixx | 2006-06-11 05:20 | 診断・治療

主治医の経過説明

前回入院時から依頼していた入院時から現在までの病状の経過説明を今日聞いてきた。
親兄弟家族の一族8人で正確な病状を聞けたと思う。

スキルス胃癌ステージⅣは代わりは無いが、こちらの方から余命についても質問してみた。
入院時で、腹膜播種、腹水等の症状があり、自覚症状が胃では無く水腎炎だった事もあり、入院時から末期癌、余命6ヶ月だったそうだ。
今は既に10ヶ月経っている為、余命を越えて生存期に入っている事になる。
体調については、浮き沈みが激しく、良くなったとも悪化したとも言い難い状況だが、胃透視(レントゲン、バリウム)、CT画像での診断も進行は無い。
でも、縮小も無いようだ。
ただ、直接腫瘍が画像に出ない未分化癌の為、癌が大きくなっているか、縮小しているかは判らない。
胃透視画像・胃カメラでの胃の硬化している範囲の状況、CT画像での腹水の変化、腸の状況等で判断するしか無いそうだ。
状況としては変化なし、進行も縮小もしていないのではないかと言っていた。

また、スキルス胃癌を化学療法で完治する事は出来ないとはっきり言われた。
長い付き合いで進行を抑えていくしか今は無いとも言われた。
色々な本を読んで判ってはいたが、改めて主治医から言われるとちょっとがっかり。

民間療法についても聞いてみた。
食事療法、サプリメント等今実施している事はどんどんやってよいとの事。
また、漢方薬について、処方して欲しいと依頼したら、次回治療時に処方してくれる事になった。
セカンドオピニオンを代替民間療法の医療機関に持っていく話もしてみたが、余り良い感情は無いようだったが、医療情報提供書の発行は約束してくれた。
温熱療法、免疫療法についても聞いてみたが、今は効果が薄いと言うことで、余り積極的に研究していないとの事。

主治医は、昨日までアトランタのアメリカ腫瘍学会に行って大腸癌の分科会に出席していたようで、日本では薬がなかなか使いづらいといった事もチラッと言っていた。
胃癌については、アメリカでは症例数も少なく研究が盛んではない為、日本が世界で最も進んでいて、日本で研究するしかないとも言っていた。
ただ、投薬方法等の方法論については、韓国が症例数も多く進んでいるらしい。
胃癌の中でもスキルス胃癌については、胃癌の中でも別で、症例数も余り多くなく、若い人に多い。
研究がなかなか進んでいない現状も言っていた。

抗がん剤の量の加減についても聞いてみた。
標準治療のガイドラインに沿って教科書通りに投薬されているのかどうか疑問があった。
投薬方法が5月から変わったが、これについては現在研究中の投薬方法で効果が多少高いという事で、切り替えてくれた模様。
量については、20%原料は出来るが効果も少なくなる為、減らす事はしない方がよいとの回答をもらった。
薬の変更で点滴から経口剤にすればどうかとも聞いてみたが、
5-FUからTS-1に変更は出来るが、TS-1の方が胃腸に負担がかかる為、私には良くないとの事。
納得した。

1時間程時間を取ってもらえて、じっくり話が出来たと思う。
自分の治療では治せないから、私がやりたい民間療法、漢方薬等は否定せずに相談に乗ってもらえた。
入院以来、有意義な日だったと思う。
[PR]
# by t_ixx | 2006-06-09 21:31 | 診断・治療

飲尿療法

星野式ゲルソン食事療法と共に始めた飲尿療法。
朝一のおしっこを少しだけ飲む。
飲尿療法にも色々流派が有る様で、常に全部飲む方法から朝一コップにおしっこを入れて直ぐ捨て、コップを洗わずにそのコップでジュース・水等を飲む物まで。
尿自体を身体に再吸収させ、排出されるビタミン・ミネラルを再吸収させる方法から、朝一咽喉から胃にかけてある未知の刺激中枢・つぼにオシッコで刺激を与え、不足ビタミン・ミネラルの吸収を促す目的のものまで。
何を信じるかだけど、取りあえず星野式ゲルソン療法の本に在った朝一200~300cc飲み、咽喉に刺激と不足ビタミン・ミネラルの再吸収を狙う中間の方法を試している。

前日に食べた物で刺激物?とか塩分の濃い食材等があると尿に刺激が強い味がする。
苦いとか、辛いとかは無いが、前日の食材により、また水分補給の状態で、結構味が違ってくる。
健康のバロメーターみたいになるとは書いてあったが、何と無く判ってきたような気がする。
今朝のオシッコは、昨日に比べて刺激が少ない。
水分補給は昨日ちょっとジュースの量が少なかったが、一昨日の食材の塩分濃度の方が身体に悪かったのか、刺激が違ってた。

星野式ゲルソン食事療法で食塩・醤油・味噌等の調味料として塩分抜きと併用だから今の味なのか、少々の塩分を取っても同じなのか?
[PR]
# by t_ixx | 2006-06-03 04:48 | 診断・治療

第8クール2回目入院

昨日から、第8クール2回目の入院をしている。
前回入院から2泊3日になったから、着替え等の荷物も少なく楽かな。

腸閉塞も小康状態って言うか、家ではお粥、雑炊、ポタオジュスープ等を食べていた為、食事は前回のあ腎臓食+肉魚乳製品抜きの特別食にさらに流動食にしてもらった。

今回の入院計画は、タキソール+5-FUの化学治療と胃カメラ、上部消化器の透視検査。
昨日は胃カメラで今日はバリウム、明日退院だから、検査入院と変わらない。
とは言うものの、前回退院後は体調不良に悩まされたから、ちょっと不安。
今はタキソールの事前副作用防止薬のおかげで調子は良いが、退院後はダブルの抗癌剤の副作用がダブルで来るから、不安が大きい。

昨日の胃カメラは、睡眠剤を使ってもらって、まったく意識無しで検査終了。
楽になったが、入院中しかでき無いね、ぐうぐう寝ちゃうし終わってからも眠い為、家に帰れない。
今日はバリウム、白いウンコが待っている。
下剤を沢山もらって、便秘にならないようにしないと詰り気味は辛いから。
午前中の予定だから、一番調子が良い朝食時に食べられないのはまたダイエットだ。
昨日の朝、ジャスト50kgだったから、いよいよ40kg台突入か。
177cm身長があってお腹が張ってるときには餓鬼の絵と変わらない自分が情け無い。

ゲルソン療法の性か塩分を抜いている性か、血圧の降圧剤も飲んで無いし散歩程度の運動も殆どしてはいないのに最近は血圧が低下傾向にある。
マクロビティックでは下がらなかったら、塩分抜きかニンジン入り生ジュースの成果かな。
[PR]
# by t_ixx | 2006-05-25 01:41 | 診断・治療

また腸閉塞?

一昨日の夜からお腹が張って、引かなかった。
昨日の朝、多少痛くなってきたので、おかしいと思い、指を突っ込んで吐いてみた。
一昨日の晩御飯が未消化のまま出て来た。
3月に腸閉塞で入院したときと同じ症状!
やばいと思い、何回も指で吐いて胃の中を空にした。
多少楽になったが、寝ている向きによってお腹が痛くなったり楽になったり。
楽になる方向で、寝ていると眠れる。

病院に行っても、鼻から管を入れ医の中を空にして安静、栄養点滴で、様子見になるため、このまま家で良くなればと思って様子見。
翌日になっても直らなければ、また緊急入院の覚悟をした。
入院すると、1週間ぐらいは様子見で、管が取れない。
でも、癖にしない為にはゆっくりとした方が良い様な気もするが、癖になりかけている。

1日飲まず食わずで過ごし、夜、少し楽になってきた。
寝る前に、胃も少しすっきりして来た様な感じがしたので、人参ジュースを少し飲んでみたが、夜中にお腹が張る事も無く、朝にはお腹はスッキリしていた。
でも、ひどい下痢!にはなっている。
ここで、普通に食事して腸閉塞をぶり返しては何にもならないので、今日1日は回復食にしないと。
[PR]
# by t_ixx | 2006-05-22 07:01 | 診断・治療

きつい副作用

第8クールの2泊3日治療が終わって帰宅以来、倦怠感・筋肉痛で寝込んでいる。
今迄、徐々にはきつくなってきている副作用がここで又一段ときつくなった感じ。
ジュースを飲んだり、e-クリニックで勧められたサプリメントを飲んだりするとちょっと良くなった気もするときが有るが、又すぐにきつくなってくる。
倦怠感は余り急激には弱らないが、筋肉痛は強くなったり弱くなったりで、弱くなるタイミングか飲み物その他の条件を早く見つけて対策を取りたい。
散歩なんかして、少し運動をすれば運動した後とか翌日は少し楽になるのだが、倦怠感が強くてなかなか散歩にも行けない。

頑張ると、又それが精神的に苦痛になってくるので、頑張らずにタイミングを見てこなして行かないと。
[PR]
# by t_ixx | 2006-05-16 16:41 | 診断・治療

第8クール入院

昨日から第8クールの治療・入院に入った。
今回から治療方法が変更となり、2週間置きの入院になるようだ。
具体的には、
1週目「5-FU」(入院・5日間連続投与)+2・3・4週目「タキソール」点滴(通院・約3時間)
の治療が
「タキソール」(約3時間)+「5-FU」(48時間)
になり、「5-FU」の溶解剤も普通のぶとう糖溶液にか変わった。
前の「5-FU」点滴時には、血管の痛みが激しく、いまだに2~3箇所黒ずんでいるが、今度のはどうだろうか。しゃびしゃびの点滴でサーっと流れて血管が痛まなければ良いんだけどね。
入院期間も前は「5-FU」と1回目の「タキソール」を一緒にしていたから9日間になったが、今回からは水曜入院で金曜夕方治療終了、土曜には退院となりそうだから、4日間になる。
でも、月2回だから、日数的にはそう変わらない。
通院が無くなるだけ少なくなるか。
通院の時の化学療法室が7月からリニューアルして良くなるって聞いて、楽しみにしていたが、無くなりそう。
[PR]
# by t_ixx | 2006-05-11 08:29 | 診断・治療

ゲルソン療法

GWに入った頃から、食事を変更した。
本をいろいろ読んでいると、玄米菜食が良いとか書いてあったが、医師の理論付けとは出来ていなかった。
今回、医師の勧める療法で、ゲルソン療法の本を何冊か読んで、やってみようと言う気になった。
といっても、入院しなければ厳密なゲルソン療法は出来ないので、日本式と言うか、日本人医師が自分の治療で考えた星野式ゲルソン療法食事法になる。

厳密なゲルソン療法は、食事療法(塩・動物性蛋白・油脂その他抜き)、野菜ジュース摂取、コーヒー浣腸、ヨード等のミネラル摂取・注射等あり、厳密に行われなければならない。
星野式は、食事療法(塩・動物性蛋白・油脂抜き)、野菜ジュース、プラスミネラル・ビタミン剤の服用で、コーヒー浣腸他の代用にしている。
ジュース摂取も本来は220ccづつ1時間置きに1日13回飲むが、星野式は400ccづつ1日3~5回で、1.5L~2L飲む。
進行がんの場合、3L飲む事になる様で、自分の場合は、400ccがなかなか飲めないので、200cc~400ccを1時間ないし2時間おきに1日3L分、10回位飲むようにすることにした。

今までも、玄米菜食で、動物性蛋白・油脂抜きはやってきたが、塩抜きが結構きつい。
今までは、マクロビオテックの玄米菜食で、動物性蛋白・油脂・砂糖・酢等を抜いてきたが、砂糖や酢等は使わないと料理にならない。
黒砂糖・甜菜糖を使い、酢も黒酢・バルサミコ等使うようにして料理を作ってもう事にした。

医師の裏付けが明確に有り、実績も結構ありそうだが、日本では、統計データは出ていない民間療法には違いない。
やるからには、何年か続けないと。
[PR]
# by t_ixx | 2006-05-06 07:19 | 診断・治療